書籍購入
Home > お知らせ > 海女たち——愛を抱かずしてどうして海に入られようか

お知らせ
NEWS

2020.10.23
海女たち——愛を抱かずしてどうして海に入られようか

「白波に身を投じる瞬間、海女は詩であった。海に浮かぶ瞬間から詩であった。海女は水で詩を書く。風が吹けば風に吹かれるままに、雪が降れば雪の降るままに、体いっぱいの愛を込めて詩を書きつづる」(本書より)

韓国済州島の詩人ホ・ヨンソンの詩集。日本植民地下の海女闘争、出稼ぎ・徴用、解放後の済州四・三事件。現代史の激浪を生き抜いた島の海女ひとりひとりの名に呼びかけ、語りえない女たちの声、愛と痛みの記憶を歌う祈りのことば。姜信子・趙倫子訳。

共催


主管:K-BOOKフェスティバル実行委員会
後援:一般財団法人日本児童教育振興財団、
公益財団法人 韓昌祐・哲文化財団、
アモーレパシフィック財団、韓国文学翻訳院、
株式会社クオン、永田金司税理士事務所