書籍購入
Home > 参加出版社 > ブロンズ新社

参加出版社
EXHIBITOR

ブロンズ新社

国内作家の絵本、海外の翻訳絵本、エコをテーマにしたライフスタイル本を刊行している出版社です。

会社情報
ブロンズ新社
東京都渋谷区神宮前6-31-15-3B
公式SNS

おすすめ書籍紹介

『3人のパパと3つのはなたば』

クク・チスン 著 斎藤真理子 訳
2021年10月、定価1540円(税込)


宅配会社、小児科、建設会社、に勤める3人のキムさん。今日の夜は子どもの幼稚園で音楽会。忙しい一日を終え、駆けつけた会場で目にとびこんできたのは…!特別な夜へとむかって、今日という一日を駆けぬけるパパの物語。

『3人のママと3つのおべんとう』

クク・チスン 著 斎藤真理子 訳
2020年1月、定価1540円(税込)


子育て、家事、仕事に毎日大忙しの3人のママ。今日は幼稚園の遠足で、朝からお弁当づくり。でもふと気づくと、まぶしい春の日がそこに! 日々を駆けぬけるママへ贈る絵本。

『あめだま』

ペク・ヒナ 著 長谷川義史 訳
2018年8月、定価1650円(税込)


文房具屋でドンドンが見つけたのは、6つのあめだま。部屋で1つ食べるとソファの声が聞こえてきた! もう1つ食べると、犬のグスリがとつぜん話しはじめて…ひとりぼっちの少年と、ふしぎなあめ玉がおりなす心あたたまる成長の物語。

『ぼくは犬や』

ペク・ヒナ 著 長谷川義史 訳
2020年4月、定価1540円(税込)


ひとはぼくを「グスリ」とよぶんや。パンウリというおかあちゃんから4ばんめにうまれたんが、ぼくや。おっぱいからはなれたときに、ここにやってきた。おとうちゃん、おばあちゃん、ドンドン、近所に住むたくさんのきょうだいとグスリは今日も全力でつながります。犬と人間の家族の泣き笑いの物語。

『お月さんのシャーベット』

ペク・ヒナ 著 長谷川義史 訳
2021年6月、定価1540円(税込)


暑くて暑くて寝ぐるしい夜、どの部屋も窓をしめて、エアコンびゅんびゅん、扇風機ぶんぶん。あまりにも暑すぎて、ついに、お月さんがとけだした!おばあさんはたらいにしずくをうけとめ、ひんやりあま~いシャーベットをつくります。

関連イベント

主管:K-BOOKフェスティバル実行委員会
後援:一般財団法人日本児童教育振興財団、
韓国文学翻訳院、株式会社クオン