書籍購入
Home > 参加出版社 > クオン

参加出版社
EXHIBITOR

クオン

文学作品のシリーズ(「韓国文学ショートショート」「セレクション韓・詩」など)に加えて、今年は『韓国の「街の本屋」の生存探究』、『希望ではなく欲望』など話題の人文書の翻訳作品も数多く刊行しています。

会社情報
株式会社クオン
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-7-3 三光堂ビル3階 
>Google Map
公式SNS

おすすめ書籍紹介

『引き出しに夕方をしまっておいた』

ハン・ガン 著 きむ ふな、斎藤真理子 訳
2022年6月、定価2420円(税込)

ハン・ガンが20年余りにわたって書き続けた、繊細でありながらも強さがある詩60篇を、きむ ふなと斎藤真理子が共訳。
巻末には韓国の詩の世界へ誘う格好のガイドとなる翻訳者対談を収録。

『満月の下の赤い海』

金石範 著
2022年7月、定価3300円(税込)

長く韓国現代史上のタブーとされてきた「済州島四・三事件」を書き続けてきた金石範の、「これだけは書かなければ」という想いが込められた小説集。今春発表した「地の疼き」を含む3作と『世界』元編集長・岡本厚氏との対談を収録。

『韓国の「街の本屋」の生存探究』

ハン・ミファ 著 渡辺麻土香 訳 石橋 毅史 解説 島田潤一郎 寄稿
2022年5月、定価2200円(税込)

韓国各地に個性的な街の本屋が誕生し「本屋巡り」が定着するほど注目を集める一方で、日々どこかで本屋が店を閉じている。韓国の出版業界を長年見つめてきた著者が、奮闘する街の本屋の姿を中心に「本の生態系」を描いた話題作。

『どきどき僕の人生』

キム・エラン 著 きむ ふな 訳
2013年7月、定価2750円(税込)

実年齢13歳、身体年齢80歳。難病と向き合う少年が、両親や周囲の人たちの大きな愛に包まれて育っていく様子が、ユーモアとリズム感のある文体で描かれる。映画「世界で一番いとしい君へ」の原作本。

『希望ではなく欲望 閉じ込められていた世界を飛び出す』

キム・ウォニョン 著 牧野美加 訳
2022年11 月刊行予定、定価2200円(税込)

「この本は、綱渡りをするくらいの勇気を出さないと社会の構成員として認めてもらえなかった人たちについての証言です」
作家、弁護士、パフォーマーとして活躍するキム・ウォニョンが20代で発表した自伝エッセイ。

関連イベント

共 催:⼀般社団法⼈ K-BOOK振興会、韓国国際交流財団
主管:K-BOOKフェスティバル実⾏委員会
後援:⼀般財団法⼈ ⽇本児童教育振興財団、
韓国文学翻訳院、アモーレパシフィック財団、株式会社クオン、永田金司税理士事務所