書籍購入
Home > 参加出版社 > 岩波書店

参加出版社
EXHIBITOR

岩波書店

総合出版社として、文庫・新書、学術書、エッセイなどの単行本、あるいは辞典や児童書といった、幅広い出版活動を行っています。隣国・韓国の政治や歴史、社会、文化に焦点をあてた著作も積極的に刊行しています。

会社情報
株式会社 岩波書店
〒101-8002 東京都千代田区一ツ橋2-5-5 
>Google Map
公式SNS

おすすめ書籍紹介

『すいかのプール』

アンニョン・タル作、斎藤真理子訳
2018年7月刊、定価1870円(税込)

大きなすいかがぱかっと割れたら、すいかのプールのプールびらき。うきわを持ってでかけよう。葉っぱのジャンプ台から飛びこんだり、ぶあつい皮をすべったり。子どもの楽しい空想をいきいきと描く韓国の絵本。

『日本移民日記』

MOMENTJOON 著 
2021年11月、定価1870円(税込)

韓国出身の移民として、日本語表現の新たな地平を切り開くラッパー、MOMENT JOON。日本のヒップホップ、「外人」であること、差別語、詩人・金時鐘との出会いなど、日々の経験と思索を鋭く率直な言葉で綴る。

『消えたヤマと在日コリアン』

細見和之、松原薫、川西なを恵 著
2021年5月、定価682円(税込)

かつて歩兵第七十連隊が置かれ、戦争の拡大とともに鉱山で栄えた丹波篠山。その歩みは近代日本の縮図そのものだった。しかし鉱山で働いていた朝鮮人たちのことは、なぜか公的な記録に残されていない。見失われた彼らの足跡を辿る。

『せん』

スージー・リー 著
2018年10月、定価1980円(税込)


えんぴつの先から一本のせんが生まれ、スケートぐつをはいた少女が氷のうえへと軽やかにすべりだした。のびやかな曲線を描き、軽やかにジャンプ! ところが……。驚きと幸福感にみちた魔法のような絵本。

『ディアスポラを生きる詩人 金時鐘』

細見和之 著
2011年12月、定価2970円(税込)

多くの表現者、知識人に深甚なる影響を与えてきた在日の詩人。その生を刻みつけるようにしてつむがれてきた詩作/思索を、個人史と在日史、戦中・戦後史に重ね合わせて描く。脱植民地化を追い求めた詩人の全体像。

関連イベント

主管:K-BOOKフェスティバル実行委員会
後援:一般財団法人日本児童教育振興財団、
韓国文学翻訳院、株式会社クオン