書籍購入
Home > 参加出版社 > 光文社

参加出版社
EXHIBITOR

光文社

週刊誌『女性自身』、ファッション誌『JJ』、文芸誌『小説宝石』などの雑誌のほか、一般文芸書、翻訳ノンフィクション、光文社新書、光文社文庫、光文社古典新訳文庫など、さまざまな書籍を刊行しています

会社情報
株式会社光文社
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6 
>Google Map

おすすめ書籍紹介

『言葉の品格』

イ・ギジュ 著 米津篤八 訳
2018年12月刊、定価1760円(税込)

人気作家が日々の会話、ニュース、故事で出会う言葉を掬い取り、それに付き従っている感情に思いをめぐらせる――。何気ない一言からその人の香りが匂い立つ。

『言葉の温度』

イ・ギジュ 著 米津篤八訳
2019年12月、定価1870円(税込)

あなたが日々何気なく発する一言の、「言葉の温度」は何度ですか?
街角のふとした会話、心打たれた本や映画の一節……それらがもつ独特の優しさや切なさについて考える、言葉への愛が詰まった珠玉のエッセイ。

『死にたいけどトッポッキは食べたい』

ペク・セヒ著 山口ミル 訳
2020年1月、定価1540円(税込)

なんとなく気持ちが沈み、自己嫌悪に陥る。もう死んでしまいたいと思いつつ、一方でお腹がすいてトッポッキが食べたいなと思う……。
気分障害と不安障害を抱える女性が、精神科医とのカウンセリングを通して、自分自身を見つめ直した12週間。

『死にたいけどトッポッキは食べたい2』

ペク・セヒ 著 山口ミル 訳
2020年12月、定価1540円(税込)


自分で自分を傷つけ、憐れみ、そんな自分に依存する……。生きづらさのループから抜け出すためたどり着いた心のありかたとは。繊細な心を描き、各国で話題のエッセイ、その後の話。

関連イベント

主管:K-BOOKフェスティバル実行委員会
後援:一般財団法人日本児童教育振興財団、
韓国文学翻訳院、株式会社クオン